寺戸歯科クリニック

世田谷区駒沢の歯科,小児歯科,審美歯科 寺戸歯科クリニック

〒154-0012 東京都世田谷区駒沢4-19-13 ヴェルデール駒沢203
TEL 03-5486-8211

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

いびき治療(睡眠時無呼吸症)

[いびき]とは

いびきとは

ご家族の方や知人などから「いびきがうるさくて眠れない」「寝る部屋は別々」などと言われませんか?
いびきは周りの人へ迷惑をかけますが、ご本人の身体にも良くありません。

[いびき]とは、鼻腔から喉頭までの空気の通り道「上気道」が狭められるために起こります。

いびきには
[時々かくいびき]
[習慣性いびき]
[睡眠時無呼吸症候群]
などがあります。

[時々かくいびき]はさほど心配することはありませんが、[習慣性いびき][睡眠時無呼吸症候群]は眠りが浅いため、日中の眠気をもたらし、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、社会生活にさまざまな支障をきたしています。

また、長期にわたって症状が続きますと、高血圧・不整脈・心臓病・脳梗塞を誘発したり、記憶力や思考力の低下をまねきますので、習慣的にいびきをかいている方は早期の治療が必要です。

 

[いびき]の主な治療法

いびきの治療には、その原因や症状に応じて、内科的な治療から外科的手術まで、さまざまな方法があります。

主な治療法には、
 スリープスプリント(マウスピース)
 CPAP(酸素鼻マスク)
 UPPP(のどの外科手術)
などがありますが、ファーストチョイスとしては、簡便で携帯にも便利なスリープスプリントが最適です。

 

スリープスプリント治療について

スリープスプリント

スリープスプリントとは、歯科で行う治療法で、寝るときに下顎を少し前方に突き出させるように工夫したマウスピースを口に入れてお休みになる方法です。
この装置を入れることでのどの気道がひらいていびきや無呼吸がなくなります。

<スリープスプリントの利点>

  • 手のひらサイズの専用ケースで旅行や出張に携帯できます。
  • CPAP(酸素鼻マスク)UPPP(のどの外科手術)に比べて負担がありません。
  • 効果が高く長期間ご使用になれます。

<スリープスプリントを利用できないケース>

  • 重度の無呼吸症候群の方
  • 残っている歯が少ない方
  • 歯周病が悪く歯がぐらついている方
  • 顎の関節に痛みや障害のある方
  • 鼻の通りが悪い方
  • 神経質で寝つきの悪い方

 

スリープスプリント治療について

スリープスプリント治療について

習慣性いびきや睡眠時無呼吸症候群の患者さんは年々増加しています。
その原因は食生活の欧米化、飽食などによって肥満者が多くなっているのも一つの要因です。
また、顎が小さく痩せた女性にも同じような症状が良くみられます。

睡眠時無呼吸症候群の診断書のない方(諸事情によって検査に行かれない方)でも、いびき防止を目的としてスリープスプリントを作る方も増えています。
使用することによって睡眠が深くなり、質の良い眠りが得られ、いびきが減ってご家族の方にも喜ばれています。

スリープスプリントをご使用になった患者さんから
 「眠りが深くなりました」
 「朝の目覚めがすっきりし、気分爽快です」
 「車中や飛行機の中、旅行に出かけても、周りに迷惑をかけずに気がねなく寝られます」
 「パートナーと一緒の部屋で寝られるようになりました」
などの声を頂いております。

医科の診察で「睡眠時無呼吸症候群」の診断書を頂いた方は、保険診療でスリープスプリントを作ることができます。

それ以外の場合は、自費診療となります。

<費用>
スリープスプリント作製料 ¥50.000(税込)